FC2ブログ

My Life

新しい整膚のムック本が一般書店で絶賛発売中!

整膚

「足をつまむとてこずる病気が治る! すっごい美人になる!(わかさ夢MOOK 67) 」が7月31日に、わかさ出版から発売されたのですが、新聞にも広告が出ていた(整膚師・山本さん情報)ということで、今日、東京で行われた整膚論・中等科の授業に出席された方が徐堅学長から聞いたところによると、売上1位、東京都ですごく売れていて、お店では売り切れ状態だそうです。整膚もジワジワから一気に爆発しそうと言われていたそうです。

これが本当になれば、嬉しい話です!

松本宏一の名前も巻末の名簿に載っています。

本屋さんで手に入れられなかった方は、今のところ、アマゾンで購入できます。私達もアマゾンで購入しました。896円とお手頃価格です。

先程の中等科の授業に出られた彼女は、往きの東京都内では手に入らず、帰りに千葉県の自宅最寄り駅にある書店で2冊見つけ、他の方には申し訳ないと思いつつ、2冊とも買われたそうです。1冊はご自分用、もう1冊はお母さん用で。

「開きやすくて、読みやすくて、分かりやすくて、携帯しやすくて、素晴らしい本です!益々やる気アップ!です!⤴」と喜びのコメントもいただきました。
  1. 2018/08/05(日) 20:15:56|
  2. 整膚

神氣と整膚&玄米酵素&懇親会を開催しました~!

猛暑の中、コラボセミナーと懇親会を予定通り開催しました。
参加された皆様、講師の方々、ありがとうございました。
お陰様で、今までで一番いい会だったと思います。

第1部の松本宏一の神氣と整膚教室の写真を撮り忘れましたが、
第2部と懇親会の写真を少しですが、掲載させて頂きます。

DSCN2885s.jpg

DSCN2883s.jpg

DSCN2884s.jpg

DSCN2887s.jpg

DSCN2890s.jpg

DSCN2891s.jpg

半年後くらいにまた開催すると思います。

玄米酵素の会社の方からも、『毎回お邪魔するたびに、松本先生からしか聞けないお話なので、つい夢中になって聞いてしまいます。』とのコメントを頂きました。
  1. 2018/08/02(木) 14:00:00|
  2. お知らせ

2018年7月30日 真夏の鵜原

海水浴のお客さんは減っているといわれていますが、鵜原は平日にも関わらず、駐車場がほぼ満杯でした。普段は駐車無料ですが、夏は1,000円かかります。

時々雨が降ったりと変わりやすい天気でしたが、むし暑く、水温も高かったです。

私達が入っていると、後からローカルサーファー達が入ってきました。夫が帰る前に、岸から写真を撮りました。

DSCN2882s.jpg

DSCN2880s.jpg

DSCN2881s.jpg

台風の後だったので、岸には海藻がたくさん打ち上げられています(これでも少ないほうです)。

この日の波は、私にはテイクオフが難しく、少ししか乗れませんでした。
夫は大満ライ連発で嬉しそう。
ちょっと悔しいですが、実力の差ですね。
次回もしここで入ったら、波をよ~く選んで、もう少し乗れるようにしたいです。
私は同じ鵜原でも岸から見て左のほうに入ることが多いです。
  1. 2018/08/02(木) 13:26:11|
  2. サーフィン

松宏です、サーフィン教室やりました

昨日、太東でオンショア、膝腰、たまに腹胸で、面がざわつき、ベストコンディションではありませんでしたが、初心者でも何とかできそうだったので、前から頼まれていたAMさんとTMくんにサーフィンを教えました。

TMくんは、サーフィンやる前からサーファー顔していたので、おっ、これはすぐにできるなと感じていたら、やはり、すぐに自分で漕いで立てていました。本人もたいへん感動していました。

AMさんは、ボードに座るだけでも大変そうで、何度も落ちながらも、見ていて、おぼれるかもと思いましたが、すごい根性で、何とか自分で漕いで、立つまでには行きませんでしたが、滑り降りていました。ボードに座っての方向転換ができ、ウェイティング(波待ち)もできるようになりました。

AMさんは世界的愛の超能力者である、故サイババさんの所に4年もいた方で、TMくんはヒーラーで、神氣柱なども見えるタイプです。サーフィン後の飲み会でも、その手の話で盛り上がりました。31日にも来て頂けるそうなので、皆さん、話しかけてみて下さい。

DSCN2870s.jpg

20180725_200502s.jpg
  1. 2018/07/26(木) 13:08:24|
  2. サーフィン

2018年7月23日 太東で 6年目にしてついに開眼か?整膚のおかげ?

前回の太東とほぼ同じ場所で入る。

1本目は少し横に行けたかなという感じでしたが、
2本目、3本目はスキーの直滑降のように、真っ直ぐに滑り降りるという感じで、降りてから横に行こうとしても終わってしまうという感じでした。

これでは前回と同じになってしまうと思い、次の波では、テイクオフしたらすぐに行きたい方向を向こうと思い、やってみると、上手くいきました。

右にターンして、ボードからも落ちることなくバランスを保ち、浮遊感を感じ、波打ち際まで乗れました。

まぐれじゃないことを祈り、その後も同じような感じでトライしてみると、すべて上手くいきました。できるだけ崩れるのが遅そうな波を選びました。

サーフィンを始めてそれほど経っていない時、サーフィン初心者用の本を見ると、ターンするには、行きたい方向をみればいいというようなことが書いてあって、いつもそれは意識していましたが、上手くいかないことがほとんどでした。

でも、昨日は違かったんです!
感覚が違いました。

夫もたまたま何度か見ていて、開眼したんじゃない?と言ってくれました。

毎回波も違うので、次回も同じようにできるとは限りませんが、自分でも何かつかんだ感じがしました。

マリブなどでは、まったりした波なので、横に行くことができたりしましたが、感覚としてはそれとは違います。

ただ、まだ完ぺきではなくて、テイクオフしたら、もう少し早く横に行けば、もっとフェイスを走れるのだと思います。

最近パドリングが少し良くなってきたのがひとつの要因だと思いますが、また、フィンを小さいものに変えたのも良かったと思いますが、

昨日は海に行く前に、足の整膚をしたのが特によかったのだと思いました。

最近、スポーツ整膚のDVDを何度か見ましたが、競技前に整膚をすると、成績が伸びるそうです。

この日は動きが良かったので横に行くことができたと思いますが、その陰には整膚の存在がありました。

DSCN2863s.jpg
  1. 2018/07/24(火) 13:43:04|
  2. サーフィン
次のページ