氣と整膚の松本 スタッフブログ

2017年5月19日 今年はじめての鵜原

昨日は名古屋まで夫ともに「整膚論」指導師範の講座を受けに行き、気づいたことがたくさんあって、やはり時間とお金をかけて行くことには大きな意味があると感じました。そして、整膚は常に進化し続けていて、これは整膚学園のホームページ見ただけではほとんどわからないです。

前日には鵜原でサーフィンをしましたが、私は今年はじめてでした。小波で、ゆっくりしたダンパーで、結構乗れました。夫によれば、私の背中はバリバリサーファーのじゅんちゃんに似てきたそうで、サーフィン筋は数か月サーフィン休んでいても形状記憶されているようです。

DSCN1980s.jpg

DSCN1981s.jpg

DSCN1982s.jpg

DSCN1983ss.jpg

鵜原海岸は左右に細長い岩山がありますが、まるで龍の背中のようです。2頭の龍に囲まれた海のように思えてきました。
  1. 2017/05/21(日) 15:07:41|
  2. サーフィン

2017年5月8日 太東にて、ちょっとだけ入る

ゴールデンウイーク明け、気温も高くなって、初夏を感じさせる日。

やっと、スダジイも薫りはじめた。

今年は随分と遅い感じ。

小波の太東、

ちょっと乗れて、でも、なんか疲れる感じ、

夫は夫で腰を痛めそうということで、

正味30分くらいで上がりましたが、

気持ちよかったです。

DSCN1965s.jpg

着替え終わって、まったりしていたら、タイミングよろしく、じゅんちゃんから電話があって、荷物の搬入を手伝うことになりました。

帰りに、手の形をした椅子をもらって帰りました。

夫のブログでもご紹介済みですが、ハッピーサーフを提唱されている、サーフィン界第一人者の方が所有していたものです。

DSCN1970s.jpg
  1. 2017/05/10(水) 20:42:36|
  2. サーフィン

2017年5月3日 今年初めてのサーフィン、太東で

昨日、4カ月半ぶりくらいにサーフィンした。

確定申告、ホームページの制作、整膚の研修、寒いから、タイミングが悪くて等々さまざまな理由でしばらく行かなかった。

でも、昨日は久しぶりに行って、やっぱりよかった。

サーフィンは楽しい、気持ちいい、ハッピー。

今日は普段動かせていなかった部分まで、体の隅々まで、動かした後の爽快感に満ちていた。

これからも、行きたくない時は無理に行かずに、自分のペースでサーフィンを続けたい、できる限り、そんな思いを改めて持ちました。

DSCN1955s.jpg
  1. 2017/05/04(木) 19:23:00|
  2. サーフィン

2016年12月21日 御宿・浜にて 暖かく、無風、小波

教室、忘年会、施術と、若干いそがしい日々の後に、ゆっくりと海に入れるのはこの上ない幸せです。

しかも、気温、水温高く、無風で、小波ときています。

前回のサーフィンの後は、疲れが出たのか、口の下にヘルペスらしきものが一つ出ましたが、

昨日はそういった疲れもすっかりなくなって、気持ちよく海に入れました。

時間は短めで1時間くらい。

夫は一度上がったものの、物足りなかったらしく、漁港よりでもう一回入り、3本くらい乗ってから上がりました。


DSCN1705s.jpg
  1. 2016/12/22(木) 18:31:00|
  2. サーフィン

2016年12月8日 御宿・浜にてサーフィン、東京オリンピック・サーフィンは一宮町で

昨日の朝早く、町の放送で2020年の東京オリンピックでサーフィンが正式種目になったことを知りました。一宮町の釣ケ崎海岸(志田下)での開催です。

サーフィンと一宮町が注目を浴びることは町に住む者としては嬉しいですね。私達が住んでいる住宅地もほとんどがサーファーです。

ところで、昨日は北風が少し寒い中、サーフィンしてきました。

鵜原とマリブも見て、御宿の浜で入りましたが、駐車場の風あたりが強いので、夫も一瞬、帰ろうかと言いましたが、入ることにしてよかったです。海はとても暖かでした。

小波でしたが、浜で入った中では今までで一番よく乗れました。

フェイスを横に走ることができたのもあって、楽しかったです。

水も透明で、波もそんなに癖がなくてよかったです。

海に入るべく着替えているとき、瀬筒さんらしき方が海から上がってきました。ミッドレングスがどうのという話を傍らにいた人にしていました。スクールだったのでしょうか。

海にはローカルのせいちゃんもいて、やはり、今日は浜がいいんだなと思いました。

波は段々小さくなってきて、せいちゃんもすぐ上がってしまいました。

小さいのにショートボードの人が数人入っていました。

ロングで波待ちしている人は、夫がドンドン乗っていくのをうらやましそうに見ていましたが、波待ちしている場所が適切でないので波を取れないんだと夫が帰り道に言っていました。

DSCN1579s.jpg

DSCN1598s.jpg

DSCN1601s.jpg

今回の写真は夫が撮りました。空に地震雲がたくさん出ていたのと、小さな虹が出ていたのを写したかったそうです。
  1. 2016/12/09(金) 11:51:57|
  2. サーフィン
次のページ