My Life

秋の気配

いつも行くスーパーの駐車場から見た風景。

早米なのか、稲穂は黄金色になりつつある。


  1. 2014/08/24(日) 21:37:53|
  2. 日記

2014年8月20日 ホームポイントにて

20140820(1).jpg

20140820(2).jpg
 
やっとやっと、お気に入りの海でサーフィンすることができたよー。
新しいボードに変えて3回目、しばらくして今日の波にも慣れて、ロングライドができた、
やったー!と思って、ライフセーバーのいる監視台の方を見たら、2人の人がこっちをみて手や足をバタバタしてくれた。

ちょっとだけ誰かが見ていてくれると嬉しいな。
じっと見られていると思うと上がるけどね。 

風は少し強かったけど、波の上ではそれほど影響なく、
水温は暖かいけど、クラゲはいない、水はやわらかい。
良い波ではないけど、乗れる波でした。

帰り際に、久々に、ローカルの、私達より年上だけど、超うまい男性が声をかけてきました。
これからやっと海に入れるということで、2、3本、彼が乗るのを、夫と見ていました。
本当に上手い、技をやろうやろうとしていない、ゆったりした感じがいいなぁ~
夫も上手いですが、さらに、ダイナミックで、そして丁寧です。
ロングボード、シングルフィン、クラシックスタイルだそうです。
  1. 2014/08/21(木) 10:16:45|
  2. サーフィン

サンゴ礁の海が埋め立てられることは悲しい

どんな理由であれ、まして軍事のためにサンゴ礁の海が埋め立てられることは悲しい・・・

今日は、久しぶりにホームポイントの海でサーフィンすることができた。
あとでそのこともブログに書くつもりだけど、

その前に、今日はリンクもしている、沖縄の方のブログをご紹介します。
「うちなぁ かな日記」 辺野古~掘削調査始まる

もし私達がよく行っているホームポイントの海が埋めたてられるなんてことがあったら、この海辺の町の人達や、この海が好きでいつも通っているサーファー達や海水浴の人達は、きっと反対するだろう・・・

偶然にも今日の松本氣功・松本宏一ブログのタイトルは
「自然災害に意識を合わせよう、自分のことだけ考えるのはやめよう」でしたが、
何もできなくても、せめて意識くらいは持っていたいと思う。
  1. 2014/08/20(水) 19:14:31|
  2. 未分類

NAKISURFさんのスタッフブログより「海がもつ力がサーファーに生気を与えるということ 」

この前もNAKIさんのスタッフ・ブログをご紹介させて頂きましたが、今回もまたご紹介させて頂きます。

【マンデーブログ】
海がもつ力がサーファーに生気を与えるということ

このブログを読んだら、サーフィンしたくなる人が益々増えるかもしれないですね!
8月もまだ約2週間あります。サーフィン始めたい人、まだ間に合いますよー。
9月の海もいいですよー。
  1. 2014/08/18(月) 19:14:20|
  2. サーフィン

2014年8月16日 大原

 今日は1年ぶりに息子もともに、そして久々に夫の従兄も一緒に、サーフィンをしに、去年も一昨年も行ったホームポイントへ向かいましたが、なんと、今年は駐車場が満車で入れませんでした。サーフィンのできるエリアにはそんなに人はいないのに、海水浴客がものすごい数でした。

 仕方なく、最近よく行く御宿へ行きましたが、ここも、浜も中央も満車でした。そして、またまた仕方なく大原へ。大原は広いし、それほど混んでもいない。波は非常に小さいですが、何とかできるということで大原に決まりました。

 いつものごとく、夫はとても小さな波に、フェイスはないけどと言いながら、たくさん、みんなの分も乗ってましたよー。従兄は一年ぶりなのに、何とか2、3本乗ってましたよ。息子は乗れたというほどではないけど、何とか立ってました。私は全くダメ、正直、ブログ書くのもイヤになるほど乗れなかった~。でも、ほんと小さくて、難しい波でした。
 
 海から上がったら、青空が急に暗くなり、涼しくなって、放送で水温22度、気温25度といってました。確かに水温は低くて、フルスーツでちょうど良かったです。

 写真は昨日の太東海水浴場です。しばらく天気が悪かったので、そしてお盆休みということで、昨日も今日も海水浴場は混んでますねー。やっぱり夏は海に行きたい人が多いんですね。

20140815.jpg

 私は、来週からの海に期待しまーす。


 
  1. 2014/08/16(土) 20:43:55|
  2. サーフィン

2014年8月10日 過酷な気象状況が続いていますね 

 台風が日本列島を席捲中だが、ここ一宮町では時折やや強めの風が吹き、サーッと雨が降る程度で、今のところ被害は出ていないのではないだろうか。記録的な大雨で沢山の地域に多くの被害が出ているので、幸運といってもいいのかもしれないけれど、梅雨の途中からずうっと雨が降っていなかったので、夕べの雨などはむしろ恵みの雨といってもいいくらいな感じである。

 2、3日前位までは、南西の強い風が1週間くらい続いていて、光が妙にまぶしく、砂漠には行ったことはないけれど、できるだけ光や熱を遮断して、エアコンをつけて家にこもっているので、砂漠に住んでいるような気分になった。

 その間、夫は一度波乗りに行ったが、私は行かなかった。風が強すぎるし、波も良くないし、暑過ぎるから。

 デッキの前のプランターに蒔いたゴーヤにとっても、さすがに暑過ぎるのではなかろうか。南向きで、熱された砂利に置かれているからね。それでも元気にまだ小さくはあるけれど、実をならせている。ただし、デッキの中の方に。デッキ外側の実はもっと小さくてなかなか成長しない様子。

 これからは、過酷な環境のなかで、人間も植物も生きていくことになるのだろうか、そうならないことを祈りますが、そうならないように、そういう目に遭わないように、出来るだけのことをやっていきたいと思います。

 20140808(1).jpg
  1. 2014/08/10(日) 16:33:27|
  2. 日記

2014年8月1日 大原にて

 台風の影響か、南は波が大きく、太東は全くない、大原を見たら、海水浴場の隣のポイントで何人か入っていて出来そうだったので入ることにした。

20140801.jpg
 
 水は冷たかった。が、気温が高く、むしていたし、フルスーツ(といっても2ミリ3ミリと薄い)だったので気持ち良かった。クラゲは見る影もない。

 父子のサーファーとボディボーダーが2、3人入っていて、夫はテトラポット脇の一番大きく、ホレた波が立つ所でたくさん乗っていた。ボディボードもやっていたせいか、ちょっと恐い、エグれた波も好きな夫です。父子サーファーは上手で、特に20才位の男の子はかなり上手い。ボディボーダーもまあまあ乗れていたみたい。

 私が一番苦戦していたかなぁ。まだ2回目と新しいボードになれていないせいもあるけど、ちょっとボードの前の方に乗り過ぎだった。後で考えればわかるのだが…。

 水深が浅く、波待ちしているところでも軽く足がつくので、ホレた波、ダンパー気味の波は気をつけないと、巻かれたときに海底に頭など打って危ない。いつも同じ場所で入るわけではないし、同じ場所であっても波や海底の地形、風などが変わるので、色々と注意深くする必要がある。そして、波との調和、習うより慣れろ、いつも反省材料一杯です。

 風が段々強くなり、流れも出てきたので(夫談)、上がりました。いつもと同じ2時間くらい入っていたと思います。大原は夫の生まれ育った町で、この海でもよく遊んだそうです。波の上でも大原の匂いがしたといっていました。私にはよくわからないのですが。
  1. 2014/08/01(金) 19:51:01|
  2. サーフィン