My Life

2015年6月29日 小さいけど乗れる波 鵜原

本日は、アラフィフの新人と一緒に波乗りに行ってきました。

初心者には最適な波と天気。空は青く、水は澄みきり、水温もだいぶ温かくなってきました。



SN3N0166.jpg

新人さんは波打ち際で何度かボードが進む感覚は感じられたと思いますが、夫がボードを押してあげようと思っていたら、先に上がってしまったので、残念ながら立つことはできませんでした。最初は海に入るだけでも疲れるものです。

新人さんに比べれば、私は大分海には慣れています。今日は10本くらいテイクオフできました。1本だけスーッと上にのび上がるように乗れた時があって、これが一番気持ち良かったです。

夫は、今日はシングルフィンで乗りました。シングルフィンだと安定感に欠けるそうですが、揺らぎを感じながら乗るのは、より快感で、面白いのだそうです。

そして、最後にさっき、夫が思い出したこと、それはもう20年も前のことですが、職場の同僚がボディボード(その当時、夫はボディボードをやっていた)をやりたいというので、一緒に2、3度連れていったことがあるのですが、その彼は、それから余り時を経ずして、大酒飲みだったために、朝、家族が気がついたら亡くなっていたのです。夫がお線香をあげに行ったら、お父さんに、幸薄い奴でしたが、波乗り道具を片付けている時、とても充実して楽しそうな表情をしていたと言われ、思わず涙がこぼれたということです。
  1. 2015/06/29(月) 19:32:42|
  2. サーフィン

2015年6月25日 なか二日あけて太東で波乗り

 このところ週一で行っていたサーフィンですが、昨日はなか2日だけで行きました。遠出する時間はなかったので、太東で入りましたが、良かったです!波は中位の大きさ、まあまあ乗れましたよー。

 海に入る前、砂浜で夫がオゾボードの男性を見つけましたが、入って少しして、向こうから声をかけてきました。オゾは滅多に見かけないので、仲間を見つけてうれしそうな感じでした。906のオゾで、乗り方がゆうゆうしていい感じでした。私のオゾは706ですので、見た目がショートみたいだねといわれました。 

 太東は波待ちしている間も、乗る時も、他の人が近距離にいることが多いので、色々と観察し合うことになります。海での孤独感や恐怖感を感じることはありませんが、不思議な空間です。約20名位の人がいたでしょうか。都会的な海です。

 昨日は、この前より大きな波に乗って、スピードも出て、満足です。波を待っている位置、パドリングを始めるタイミング、テイクオフのタイミングなどが良くなってきていると思います。夫は、手技○○のおかげだよーと言っています。確かに、筋肉疲労を取ってくれます。また、実際、一流のスポーツ選手の能力向上にも役立っているのだそうです。



20150625(2).jpg

 思いのほか良い天気で、真夏ほど暑くなく、気持ちのいい日でした。海の家も1軒、もう営業していました。房総は天候に恵まれていますね。九州、特に鹿児島県などは連日ものすごい雨のようで、大変なことです。

 最後に、本文とは関係ありませんが、最近、熱心に教室に参加されている方が、7月1日にサロンをオープンされます。よかったらホームページに行ってみて下さい。ブルームーンセラフィー。フェイスブックをされている方はこちらもどうぞ。
  1. 2015/06/26(金) 15:48:25|
  2. サーフィン

2015年6月22日 初心者に最適の波!

 もうすぐサーフィンを始めて足掛け3年になりますが、今日が一番たくさんテイクオフできました。波は小さく、乗りしろは少ないですが、ドンドン立てて、すぐに何本乗れたか数えるのはやめました。

 曇りがちでしたが、波は引いていて、穏やかで、水は澄み、はっきりと底が見えました。小さい波ですが、テイクオフはやりやすく、初心者はこんな日だったら恐くないし、最高だろうなと思いました。夫のようにうまくなってくるとやや物足りないと思いますが。

 スイスイ立っているので、夫には、昨日読んだNALUの記事と繋がったんじゃないのといわれました。NALUの表紙には、インタビュー特集「語られたことのないサーフィンの本質」と書かれていて、テーマは、革命と逸脱です。トム・カレンやジョエル・テューダ―、アレックス・ノスト、石井秀明氏など12人へのインタビューです。まだ全部は読んでいません。(なんと、石井氏は数年前に施術に見えたことがあります。)

 サーフィンも気と同じで、意識することで変わることは大いにあると思いますが、多分、今日たくさん乗れたのは、膝を曲げることと、あわてて立とうとしないということだけを意識していたせいかなと私的には思います。(ドジ井坂さんの昔の本に書かれていました。)

 プラス、波の方向と逆の方に向いていてもばっちり安定して進んでくれたオゾボードのおかげかな。途中から波の方向とあってきたようですが、まだよくわからないときがあります。 

20150622(1).jpg

20150622(2).jpg
  1. 2015/06/22(月) 19:54:15|
  2. サーフィン

2015年6月15日 現金最高(CASH-YEW)!!

 昨日は午前中に一仕事した後、早目の昼食を済ませ、出かけました。太東はいまひとつ、南へ下り、小波だけど何とか楽しめそうな行きつけの海で入りました。

 海でサーフィンしている人は一人だけでしたが、家族連れが何組かいて、海水浴やボディボードをしている親子もいて、6月の月曜日じゃないみたいでした。石段にはひじきらしき海藻がたくさん干してありました。

 夫は前日ショップで受け取ったばかりの新しいボードで超ご機嫌。最初から乗りまくっていました。今までの9フィートのボードでは小回りがきかず、重たくて、足腰にも負担がかかるそうで、こんなボードを探していたそうです。

 私もここ何回かでは一番乗れました。特に最初に乗った波は良かったです。夫にもほめられ、もうすぐサーフィンを始めて3年、やっとサーフィンらしくなってきたなんて感慨にふけっていたら、その後ちょっと不調でした。

 波が割れにくい所にいたみたいで、なかなか乗れずにパドリング疲れしてしまいました。その後移動して何本も乗れましたが。やっぱりポジションが大事ですね。

 波乗り後に、ボードと一緒の夫を写真撮影。これがニューボードです。ウォーターランページのCASH-YEW8フィート。一般的なソフトボードよりも薄くて、軽く、ターンしやすいそうです。Kanaeちゃんにはこれの7フィートがお勧めだそうですよー!。CASH-YEWとは、直訳すると現金最高!という意味、このボードに乗ると、どんどん現金集まっちゃうかもねー。(笑)

20150615g.jpg

 夫はこの日の波乗りで、ゆるサーフィンの新境地を得て、より健康増進を感じたことをホームページの自己紹介にも載せるといっています。
  1. 2015/06/16(火) 16:07:20|
  2. サーフィン

2015年6月10日 サーフィンで気がパワーアップ!?

昨日もお気に入りの海でサーフィン。

前回のように荒れていませんが、波は多少巻き気味のようです。結構人が来ています。海に入る前にトイレに行こうと右のほうに向かうと、またまたアラーキーが息子さんと来ていました。夫がウェットとボード貸すから入ろうと誘いましたが、今ひとつその気にならないようでした。

最初、向かって右側のほうの海に入りましたが、ダンパー気味で難しく、何度か巻かれてしまいました。一回岸に上がって、しばらく波をチェック。夫が手招きするので、左側のほうに入り直しました。こっちのほうが全然良くて、すぐに1本乗れました。

水が多少冷たくて、夫が上がって小休止。その間、1本だけですが、ちょうど上手く乗れて、波の斜面も少しだけ見えました。たまたま夫が見ていて、グーフィーに進んでいて、良かったといってくれました。

150610S.jpg

パドリングで肩甲骨まわりが疲れ、少し寒くなったので今度は私が上がりました。夫は私のボードで再び入り、何本も乗っていました。多少ダンパー気味の波に斜めにテイクオフ、そしてロングライド、写真で左側のほうでテイクオフしているのは、多分夫だと思います。小さくてわかりにくいですが、波に斜めにレールを喰い込ませています。

今朝になって、夫がサーフィンすると気がパワーアップするといいました。自己気功するとわかるのだそうです。確かに、例え、小波乗りであっても、波乗りは荒行的な部分があり、滝行的でもあります。大自然の中で、五感を研ぎ澄ますということも自然にやることになります。私の感覚では、全身が活性化するという感じです。脳細胞もフル活動するようになるのか、頭がすっきりします。結果的に気のパワーアップが起こっても当然かなと思いました。

ここまで書いて、このあと本屋さんに行ったのですが、そこで「脳を鍛えるには運動しかない」という本をたまたまみつけました。科学的に検証して書かれた本のようです。やっぱりそうなんだなと思いました。しかも、サーフィンは単なる運動と違い、無重力感、浮遊感、スピード感などの快感を感じることができます。また、海という大自然を肌で味わうことができます。サーフィンやりたいと思いながら、なかなか始められない人は本当にもったいないことをしています。
  1. 2015/06/11(木) 21:05:17|
  2. サーフィン

2015年6月4日 今日は若干荒れ気味でした

 左足もだいぶ良くなって、今日は久しぶりに波乗りに行ってきました。

 写真は帰り際に撮ったもので、それほどでもないですが、到着したばかりの時、波はもっとサイズも大きく、かなりのダンパーでした。かなり引いていたので、段々上がってくれば良くなるよと、ローカルのせいちゃんにも言われて入りました。

 水は結構冷たかったですが、2ミリ3ミリのフルスーツにソックスで入りました。私は小一時間くらいしか入っていなかったので寒くはなりませんでした。もうこれで大丈夫そうですね。なにせ晴れている時しか入らないもので。それに一人で簡単に着脱できるのが嬉しい!!

 夫は、私のボードでやりたいといって、もう30分位入っていました。赤いほうのボードですが、ダンパー気味の波に斜めにテイクオフして、ボディボード的な乗り方をして楽しかったようです。昔、ボディボードやっていたので、今日みたいな波だと血が騒ぐようです。

 今日の波は難しかったので、私は立てずに、真っ直ぐすすむだけのボディボード乗りでした~。夫のボディボード乗りとはだいぶ違いますね。

 それにしても、どうして下手くそでも波乗りはこんなに楽しいのでしょうね。それに、帰り道、そして帰ってきてからも、とても気持ち良く、爽快なんです、ハッピー感半端ないってやつですね!

 やりたい人はやらないと、ホント、もったいないですよー。

SN3N0090.jpg

SN3N0094.jpg

SN3N0091.jpg
  1. 2015/06/04(木) 21:24:28|
  2. サーフィン