My Life

2016年1月27日 鵜原 サーフィンと変わった雲達



鵜原に着いてすぐに撮った写真、時刻はちょうど正午。波は腰腹くらいのサイズで、ドンドン来る。風はオンショアで少し強い。

あまり良いコンディションとはいえないけど、御宿のほうがもっときつそう。左のほうで一人だけ入っていた。できそうなので、入ることにする。

この前、70歳の外国人男性のサーフィン動画を見て、今日はロングライドしたいなあと思い描いていたら、岸まで何本か乗ることができた。いい感じ!夫も後姿がゆるんでいたよと言ってくれた。背中ゆるめストレッチのおかげのような気がする。夫も今日は背中まわりが気持ちよかったと言っていた。

波がドンドン来るのと風があるのとで、沖に出るのにはいつもよりパドリングが必要だったが、波にパワーがあったので、くずれた波でもテイクオフできて、1時間くらいの間にまあまあ乗れた。
 
今日はブーツに、キャップ、グローブと三点セットの重装備で、風があっても寒さは感じなかった。夫は首から水が入ってきて私よりも先に寒くなったようだ。脂肪の量も少ないのだろうけど。

DSCN0237.jpg

DSCN0240.jpg

DSCN0241.jpg

帰り際に、夫が何枚か雲の写真を撮った。地震雲だろうか、ちょっと変わった雲が出ていた。これ以外にも龍神雲など色々と出ていた。

帰り道、先日、ナキさんのブログに出ていた護岸工事の話をしながら、夫のキャップを買うために、一宮のサンズに向かった。

そうしたら、レジでお金を払った後、店員のボディボーダーの女性に、静岡のサーフポイントでの護岸工事反対にご署名頂けないかと言われ、その偶然に驚いた。
 
今、あちこちで護岸工事が始まろうとしているらしい。それらの工事はやはり土建業者のため、お金儲けのために行われるということらしい。波はなくなるが、砂は持っていかれて、かえって砂浜がなくなり、景観も悪くなり、サーファーにとっても、一般市民にとっても良いことは一つもない。税金の無駄使いにしか思えないのだけど。

私たちはもちろん、喜んで署名させていただいた。

サーファー、海で遊ぶ人がもっともっと増えることは、自然保護にとっても良いことですね。そして、一人一人がお金儲けを目的で生きないこと・・・。

最後に、今日のサーフィンの反省点。テイクオフがワンツーでできない。かなりもたもた立っています。テイクオフ筋、大胸筋を鍛えるように夫より指導を受けました。
  1. 2016/01/27(水) 19:27:29|
  2. サーフィン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日々雑感、砂コーヒー、護岸工事

 この週末、西日本ではまれに見る寒波により雪が降って大変でしたが、ここ外房では有難いことに、そこまでではありません。昨日の午前11時ころには突然雪が降りだして驚きましたが、すぐに止み、元の晴天に戻りました。天気予報では房総半島でも雪といわれていた所もあったらしく、土日のお客様は少なめでした。

 今日も気温は低めですが、よく晴れて昼間は暖かかったです。昨日までは大相撲があって、琴奨菊の優勝を決めた一番も見れましたが、今日は相撲も終わり、ちょっと物足りないですね。

 寒くて体調を崩す方も多いようですが、こちらは最近始めた背中ゆるめストレッチのおかげで、今までよりもよく動けます。朝は家事と業務で忙しいため、ゆる体操をやる時間は余りないのですが、背中ゆるめストレッチを取り入れるとホントに短時間で快適に動けるようになります。今日はまた、睡眠もよく取れて超快調な一日でした。

 お正月が終わり、新年会も終わり、落ち着いて事務作業に取り組める日々を過ごしています。新しいウィンドウズ10のパソコンにもだいぶ慣れました。
 
 今週はサーフィンにも行けそうだな~。サーフィンは夫が今日のブログで言っているように、全身運動なので血流が良くなって超ハッピーになるので、幸せ感の薄い方はぜひお試しになってみてください。ただし、海に入るのには多少の苦難もあります。でも、小さい波でやれば思ったほどでもありませんので、それほど怖がることもないです。なにせ、運動音痴で、アラ還の私ができるくらいですからね~。

 私よりさらに年上、今年72歳になられるボディボーダー・大薮先生から先日いただいた鳥取砂丘の砂コーヒー。まろやかで、ほのかな甘みがあってとてもおいしかったです。お土産で買って美味しかったので、わざわざお取り寄せされたそうです。ご馳走様でした。新年会ではお出しできずにすみませんでした。

img002.jpg

そして、最後に、今日のナキさんのブログを読んでみてください。
【重要】護岸工事の終わることのない罠_(4026文字)
  1. 2016/01/25(月) 19:23:46|
  2. 日記

2016年1月15日 鵜原海岸冬景色

DSCN0208.jpg

正午頃、鵜原に着きました。写真はそのとき撮ったものです。
手前で割れていて、ダンパーですが、大きくないので、この前よりかえって良いくらいです。が、誰も入っていません。
人もいるし、さっき見た御宿の浜のほうがいいかもねと、戻ることにしました。

浜は車から見たときはわからなかったのですが、外に出ると風が吹いていて寒い!浜特有の風でしょうか?
夫はすでにウェットスーツに着替えたものの、やっぱり鵜原へ戻ろうと言いました。

鵜原に戻って正解でした。
風がないので、着替えるとき寒くないんです。

そして、小さい目のダンパーは練習に最適。
ただ、テイクオフできても、余りボードが進みません。
夫の助言を受けると、進めるようになりました。
まだまだ基本が身についていません。

夫は何本も乗れて、ゆる体操の効果を確認していました。

貸し切りの海で二人だけ、1時間半くらい入りました。

このところ急に寒くなったせいでしょうか、鵜原には他のサーファーはあらわれませんでした。

多分、今日はこの前よりさらに水が冷たかったと思うのですが、
グローブをつけたせいか、海に入ってもさほど冷たさを感じませんでした。

そして、風がなかったので、太陽はだいぶ隠れていましたが、着替えも寒くなかったです。

下の3枚の写真は、15時ころ、夫が波打ち際で鵜原海岸冬景色をカメラに収めました。

DSCN0210.jpg

DSCN0212.jpg

DSCN0216.jpg
  1. 2016/01/15(金) 20:41:37|
  2. サーフィン

2016年1月7日 鵜原にて初サーフィン

 昨日、今年初めてのサーフィンに行ってきました。昨年最後のサーフィンは12月25日ですから、約2週間ぶりでした。

 鵜原はサイズは時々腹腰位とちょうど良かったですが、波が岸近くで割れるので、3人しか入っていませんでした。それでも鳥居の辺りでロングボーダーの女性2人が乗れていたので、暖かい日差しと温かい海水が好きな私達は入ることにしました。

 水温はこの前ほど温かくはなく、最初冷たく感じましたが、慣れてくるとそれほどでもありませんでした。

 ロングボーダーの女性は感じ良くて、どうぞピークから乗って下さいよと場所を譲ってくれましたが、鳥居の辺りは岩が多く、波打ち際まで乗ったときに危ないので、私はすぐに元いた場所に戻りました。

 なかなか難しかったですが、何とか3本乗れ、そのうちの2本はあっという間に終わりましたが、すごいスピードが出て面白かったです。夫も珍しく最初はなかなかテイクオフできませんでしたが、そのうち慣れてきて、私の3倍は乗っていたと思います。

 写真の1枚目は到着した時。2枚目は夫の最後のライディング。3枚目も夫です。

DSCN0186.jpg

DSCN0187.jpg

DSCN0190.jpg

 帰ってから、夜パソコンを開くと大藪先生からメールが来ていました。先生も今日、波乗りに行っていたんですね。私達とは正反対のパワーがすごく、水は冷たい所、しかも、チューブ!!ケルシー前とは私達の呼び方で、以前、ここにケルシーさんというイギリス人と日本人の奥さんと子供達が住んでいて、一時期よく一緒に遊びました。太東岬よりの和泉です。パワフルで、いつもできるとは限らない、シークレットポイントです。

 下記に大藪先生のメールと写真をご紹介します。

松本さんへ
本日、ケルシ―前でチューブライディングをしました。
1:本日撮影したチューブ 2サーファーがチューブライディングところを撮影 3:私がチューブライディングしているところ(不鮮明ですが)

チューブ (1) (640x480)

チューブ (2) (640x464)

チューブ (3) (640x456)

最後に、超一流サーファー・ナキさんの1月のカレンダーからの言葉をご紹介します。

挑戦するのに年齢は関係ない。大事なのは夢を見るかどうかだ。
波に乗るための一番の燃料は「情熱」を持ち続けるということ。
  1. 2016/01/08(金) 14:17:36|
  2. サーフィン

申年の今年はさらなる良い年になりそうな兆しが一杯のお正月でした

ハッピー・ニュー・イヤー、ハッピー・サーフィン!!

今年も例年通りのルーティンでお正月を過ごしました。
夫と私、それぞれの実家を息子と共に家族3人で訪れることができました。

暮れには夫のお母さんが、再婚相手と来て、夫が二人に施術しました。

夫の両親、そして母、3人とも高齢になってきましたが、みな元気です。

母は退院してきた去年に比べると全然元気になっていましたが、
咳とタンがあったので、夫が施術したら(私も一緒に少しだけ整膚をしました)、咳もしなくなり、よく動いていました。
夫に感謝です。

2016-01-02 monkey

母が一人で住んでいる三浦に行く時、房総半島を横断しますが、今年は縁起の良いことに、3回も干支のサルに出会いました。今までも見かけたことはありますが、3回も見るのは初めてです。最初に現れたサルは大多喜辺りでしたが、ガードレールにちょこんと座って、非常に至近距離にいました。

写真のサルは、高宕山のふもと(夫がカミキリムシの採集に出かけた場所)で見かけたもので、群れをなしていました。房総のサルは人慣れしていないようで、写真を撮ろうと車を止めると、サササッと逃げていきます。かろうじてその後ろ姿を息子が撮りました。

SN3N0365.jpg

浜金谷では毎年、海の写真を撮ります。この場所はいつも波が少し立っています。きっと岩場なんですね。
風があったので寒々しく見えますが、暖かい日でした。

SN3N0368.jpg

地震雲が出ていて、そうしたら、今日お昼のニュースでインドで大きい地震があったといっていました。

次の写真3枚は、帰りの船上から撮りました。

SN3N0370.jpg

昨日よりさらに暖かくて、夫が熱い、熱いと言い、デッキに出ました。エサを投げる人がいるので、カモメとトンビがずうっとついてきます。
私達はデッキ中心で、船を大きなサーフボードととらえ、バランスを取って遊びました。

SN3N0371.jpg

SN3N0372.jpg

帰宅後、 夫が龍神雲を見つけて、二階の窓から撮りました。

DSCN0179.jpg

DSCN0181.jpg

帰りに、富津のソムリエハウスで一升瓶の日本酒2本購入。干支の湯飲み茶わんを対で頂きました。

ぬいぐるみのモンキーは息子が小学校一年生の時、近所に住んでいて、とても仲好くなったイギリス人のディグビィにもらったもの。親友になって数カ月で外国に行ってしまいましたが、間もなくしてこのぬいぐるみと手紙を送ってきました。

DSCN0185.jpg

夫は日本酒づいています。1升瓶4本がラインナップ。「岩の井」は暮れにIさんから頂きました。

DSCN0183.jpg

昨日、ソムリエハウスで購入の2本。紫紺はTさんから頂いて美味しかったので、一升瓶を購入。

DSCN0184.jpg

本日Sさんから頂いた「獺祭」DASSAI。飲んだことがないので、早速夫が開封。甘いのですが、複雑な味わいもあって、とても美味しいです。

みなさんはどんなお正月を過ごされましたでしょうか?暖かかったこともあってか、今年は春のように気持ちいいお正月と感じました。夢と希望をもって毎日を過ごしたいものです。
  1. 2016/01/04(月) 19:02:35|
  2. 日記