氣と整膚の松本 スタッフブログ

2016年8月25日 台風9号通過後、久々に夏らしい鵜原にてサーフィン

image1 (2)

23日(月)房総半島に上陸した台風9号、いつもだったら用心深く家からは出ないのですが、この日はもう一つのじゅんちゃん台風というか、ホットドッグ台風が正午頃に我が家に上陸し、昼ごはんもあわただしく済ませ、3人で勝浦保健所を目指して出かけることとなった。

勝浦保健所に着いたのがちょうど13時頃、私とじゅんちゃんは玄関前に降ろしてもらって建物に入ったが、駐車場に車を止めた夫は風にすっ飛ばされそうで建物に入るのが大変だったそうだ。勝浦に瞬間最大風速45,5メートルが吹いたのがちょうどその頃だった。こんな日に来たので保健所の皆さんにはとても驚かれた。

1時間以上保健所にいて、帰り道、部原のトンネル前で、車が渋滞して動かないので、セブンに入り、お茶を買う。間もなく救急車が来て、どうやら何か事故があった様子。ほどなくして車が動き始めた。

写真はその後、御宿で撮ったもの。木が倒れていたり、自販機が倒れていたり、看板がすっ飛んでいたりしたが、無事に帰りつきました。家の近くのゴミ集積所のガラス扉が派手に割れていたのには驚きました。

DSCN1010.jpg

それから二日後の昨日は2週間ぶりに鵜原で波乗りを楽しみました。久々に夏らしい日で、家族連れの海水浴客も楽しんでいました。波は時々うねりが入ってきて、次の台風10号の影響が多少あるようでした。また、しばらく海に入れないかもしれないです。

DSCN1012.jpg

DSCN1014.jpg

DSCN1015.jpg

DSCN1021 (2)
  1. 2016/08/26(金) 19:56:03|
  2. サーフィン

台風シーズン到来!そして、ホットドッグの嵐も。

台風が次々とやってきて、海は時化ている。庭に出るとゴォーという波の音が聞こえてくる。かすかに見える海には白波が立っている。海の家もこの土日で終わる所もあるのに、あいにくの天気である。こんなに荒れているとサーフィンもできない。秋の穏やかな美しい海を思い浮かべる。もうちょっとですね。

一方、我が家にはじゅんちゃんという大型台風も到来しています。ホットドッグ台風とでもいうべきか。こっちの台風はもちろん大歓迎ですが。
先日行なった第1号ホットドッグ試食会については、下記ブログからご覧ください。
松本健康院ブログ 「色んな人がいてオッケー、楽しい」
http://blog.goo.ne.jp/mkseifu/e/e380aa5239476dd685e11d2310328805

そういえば、私達が20歳くらいの頃、ホットドッグプレスという雑誌もありましたね。
ホットドッグというのは、まさにアメリカ文化という感じがしますが、私より一回り以上若いじゅんちゃんがなぜホットドッグか?というのは、今のところ謎です。きっとこれから段々と明らかになっていくことでしょう、

人というのは共通部分もたくさんあるけれど、違った部分もあるもんだと、じゅんちゃんに出会って特に感じます。そして、好きな食べ物も違いますよね。

私は毎晩夫が録画した野生生物の番組を見ているのですが、生物によって、その生きる源である食べ物が実にさまざまであることに驚きます。誰でも知っているパンダが笹だけ食べてあんなに大きいのも不思議だし、コアラもユーカリの葉っぱしか食べていないのに、おしりが随分と重そうです。そして、その食べ方も。草食動物は一日中食べているけど、肉食動物はたまにしか食べないものが多い。ワニとか、蛇とか、シロクマとか、1回にたくさん食べると、長い間食べなくてもOK。

最近は人間も不食というのがクローズアップされていて、じゅんちゃんも昼間はほとんど食べない、なのに大変元気でエネルギッシュです。新人種へと進化しつつあるのかもしれないですね。吉田沙保里選手や羽生結弦選手も余り食べれないと聞いています。

じゅんちゃんの美味しいホットドッグとその文化、エネルギーに出会いたい方は、8月29日(月)17時位から松本健康院でホットドッグ・パーティーをやりますので是非ご参加ください。会費は500円の予定です。一緒に、無料整膚教室体験会もやりま~す。参加したい方は松本健康院までお電話くださいね。
じゅんちゃんのホットドッグは先日の試食会では皆さん大絶賛でした。

DSCN0999.jpg
  1. 2016/08/20(土) 13:45:35|
  2. 日記

2016年8月11日 御宿浜 キャッチサーフでサーフィン

終わってみれば楽しかった~、気持ちよかった~ですが、ピークはホレててパワフルで、私の実力ではとても危険なので、岸に近い所で割れる波を狙うしかなく、でもその見定めが難しく、5,6本は立てて、2本は乗れたといえるものの、前回とは違った意味で、歯がゆい波乗りであった。

夫は以前やっていたボディボードで大きな波、ホレている波に慣れていて、しかも大好きなくらいで、おまけにスポンジボード・キャッチサーフなので、もう水を得た魚のように乗りまくっていました。

こんなジャンキーでクレージーで、生きているような波には一生上手く乗れなくても別にいいよな~、もっとやさしく穏やかな波で私はいいな~。

ただ、波乗りの基本はもっと身に着けたいですが。

沖に向かう時のパドリングもノーズが上がっていて、初心者みたいと夫に言われたので、ちょっとムカつきました。スープが大きいので無意識のうちにそうしていたのですが、もう少し前加重にしたほうがあおられないのでいいとのことでした。最近こういう波の時に入っていなかったのでわかっていませんでしたよね。

松本健康院ブログからは、この日の夫のライディング動画も見れますので、興味のある方はぜひご覧ください。

また、下記アドレスからは直接ご覧になれます。
https://www.youtube.com/channel/UC6IvpaqYf3i2bLrfuGhID7w/videos?view=0

DSCN0901.jpg

DSCN0900.jpg

DSCN0898.jpg
  1. 2016/08/12(金) 08:12:11|
  2. サーフィン

2016年8月4日 真夏の鵜原にてサーフィン

久しぶりに南国風の鵜原にて。
一宮、太東とは海の色が違います。
駐車場はほとんど埋まっていましたが、海はそれほど混んでいませんでした。

DSCN0831.jpg
DSCN0834.jpg
DSCN0835.jpg

右側のサーフエリアでは、二組の親子がサーフィン特訓中でした。とても楽しそうでした。
ローカルさんは砂浜に堂々とテントを張ってくつろいでいます。
こじんまりとして、のんびりしていて、とてもいい感じでした。

さて、この日の私達のサーフィンはというと、夫はすごい数乗れたと言っていました、30本以上乗ったんじゃないかと、1時間半くらいの間なのですが。最初はキャッチサーフ・シングルフィン8フィートで、あとで私の7フィートと交換。

私の今日の課題は、安定したテイクオフ。腕の間に膝を入れ込むという意識でやってみました。決まったのは2、3本。変なのをいれれば10本くらい立てましたが。

海から上がる時、ダンパー波を真っ直ぐ乗りしましたが、見ていた夫に、視線がいろんなところを泳いでいたといわれました。確かに、この時はそうだったんです。でも目線がはっきりと定まっていることもあるのです。ただ、やっぱり言い訳かな?いついかなる時も進む方向を決めていないとね。これは次の課題。

そして、ボードと体の密着感がないからテイクオフが上手くいかない時があるんだといわれ、これも納得なので、次の課題です。

オゾボードからキャッチサーフに変えて少し難しくなりましたが、7フィートのボードはまた違った楽しさです。

昨日の鵜原は水が温かく、でもクラゲやアカエイもいないようだったので安心してできました。暑かったので、スプリングに裸足で入りました。

駐車場の係の方に聞くと、ここはアカエイはいないとの返事でしたが、ローカルのサーファーに聞くと微妙な感じでした。きっと数は少なくても、いないとは言い切れないのだ思います。去年の太東では結構刺された方がいるそうです。河口や貝などえさの豊富な所に多いようです。一応、リーフ用のブーツを購入しました。

帰り際にサクマさんに駐車場代分(1,000円)乗れた?と冗談交じりに聞かれました。もちろん楽しかったですが、1000円分乗れたと堂々と言えない私でした。少しずつ上達しているとは思いますが、歯がゆさが残ります。
  1. 2016/08/05(金) 20:32:30|
  2. サーフィン