My Life

『整膚論』指導師範の講座に参加して

先日、夫の導きで、ともに、『整膚論』指導師範の第一回目の講座に参加してきました。

日帰りで新幹線を予約して出かけるのはストレスがありますが、無事に行って帰ってこれました。

SN3N0393s.jpg

真冬なので雪が降るかもしれない、風が強いかもしれないという予報があったのですが、風もそれほど強くなく、一宮から東京へ向かう特急わかしおも時間通りに到着しました。

かつて、北九州の氣功の講座にも新幹線と宿がセットになったパックで8回ほど、夫は倍の16回行きましたが、すべて無事に指定の新幹線に乗って行って帰ってこれました。ありがたいことです。

肝心の講座ですが、まず出席して、やはりモチベーション、意気が上がりました。行ってよかったと思いました。癌整膚の講座も受けようかどうか、行く前は迷っていましたが、迷いなく受けよう!という気持ちになりました。

内容のほうですが、今回は主に基本手技を学びました。実践では夫とやり合いましたが、かなり重要な気づきがありました。

サーフィンと同じなのですが、構え(スタンス)が大切なんです。これが違っていました。そして、余分なところ(手首)に力が入っていました。

徐堅先生の構えは全く違っているんです。そして、徐堅先生の手の動きは本当に無駄に力が入っていなくて、なめらかです。

整膚が誕生してから25周年ですが、その間に整膚は進化し続けています。

先駆者に学び続けることで、気づきが早く起こり、無駄なことはしなくてすむと思います。

気相整膚が生まれて肉離れも整膚で良くなり、ガンも良くなり、歯も長持ちするようになりと、ほとんど全身に根本的な健康改善が起きることがわかっています。

整膚は例えば、1整膚を1秒として、30分で1800回、愛で行えるので、良くならないわけがないというようなことを徐堅先生が言ってらっしゃいました。

整膚では愛と快という言葉をよく使いますので、その言葉で違ったものを連想される方もいらっしゃるようですが、愛と快のないところに喜びと幸せは生まれないというのは真実ですよね。

SN3N0394 (2)s
※上総一ノ宮駅に無事到着。いつの間にか駅のロータリーにこじんまりとしたイルミネーションが。
  1. 2017/01/24(火) 14:07:22|
  2. 整膚

寒さ対策にも整膚を!

DSCN1766.jpg

1月9日の夕方に撮った写真。画像が荒いですが、右上の白いのが波です。この日は頭オーバー、ダブルサイズだったらしいです。高台にあるうちの庭から波頭が砕けているのが見えました。ここから海まで2キロくらいだと思います。

年が明けてから、まだ一度も海に行っていません。夫は4日の午後、暖かい日でしたが、一人で太東に行ってきました。プロも何人も入っていて、いい波だったそうです。

その後は寒波が来て、寒い日が続いていますね。ここ本給でも雪が一回、ごく短時間ですが、舞いました。

この時期は経理事務が忙しい時期なので、かえって集中できていいわ~と、寒い日にも感謝です。

寒いので体調を崩される方もいらっしゃるみたいで、急に電話がかかってきたりします。

寒さ対策が大切ですね。皆さん、色々と工夫されていると思いますが、ほかの人はどうしているのか訊いてみるのもいいかもしれないです。自分では気がつかなかったことをされているかも。我が家は床暖房とエアコンはタイマーで付けています。多少光熱費がかかりますが、快適に一日を始められます。

夕べ、寒さ対策としての整膚はどこにやる?と夫に訊いてみました。

まず、お腹と、それから足全体をやると体がポカポカするよとのことでした。

寒いと体が固まるので、冷えている所には万遍なく整膚をされるといいと思います。
  1. 2017/01/18(水) 13:48:23|
  2. 整膚

すべてはだんだんよくなっている

明けましておめでとうございます
本年もよろしくお願いいたします



年末年始は息子が帰省していたり、夫と自分の実家に行ったりするので、いつもとは違った感覚がありますが、

昨日の午後くらいからやっと平常の感覚に戻りました。

整膚のおかげだと思いますが、今年はかなり通常に戻るのが早かったし、心身の状態も良好でした。

でも、まだ少し心身のバランスを崩します。

昨日の午前中はちょっと夫に八つ当たりしていました。

夫のゆるみ度もかなりアップしているので、受け流されて、以前のようにケンカにはならず、事なきを得ました。

来年は私自身がもっとゆるんで、さらに楽~な年末年始を迎えるようにしたいと思います。


DSCN1744s.jpg

毎年、写真のような山道を超えて房総半島を横断します。整膚をやりながらのドライブは快適です。
  1. 2017/01/05(木) 14:44:56|
  2. 日記