My Life

煙草の煙もPM2.5

とツイッターで言っている方がいたので、ネットで調べてみたら、本当にそうでした。今更このようないい方をしなくても、煙草の煙が健康に良くないのは周知の事実です。ただ、PM2.5といわれると、ちょっとドッキリします。

以下、朝日新聞からの記事です。

---------------------------------

中国の大気汚染で問題化している微小粒子状物質PM2・5にからみ、日本癌学会など18学会でつくる学術グループがPM2・5を含むたばこの煙の対策を訴えている。喫煙可能な飲食店などの濃度は北京と同レベルで、日本国内では屋外よりも受動喫煙対策の不十分な屋内が深刻としている。

 PM2・5は直径2・5マイクロメートル以下の粒子。肺に入り込むことによる健康影響が懸念されている。

 22日、記者会見した禁煙推進学術ネットワーク(委員長、藤原久義・兵庫県立尼崎病院長)によると、福岡市の喫煙可能な喫茶店での測定結果は常に1立方メートルあたり300マイクログラムを超え、平均371マイクログラム。横浜市のカフェの喫煙席も200~700マイクログラムだった。日本の1日平均の環境基準である35マイクログラムを大きく上回り、中国の屋外と同様の濃度を記録した。

----------------------------------

 中国から来るPM2.5や黄砂も心配ですが、まずは身近なところから見直してみる必要もあります。
 
 今は喫煙者に対して社会の目が厳しいですが、私達が20代のときはそうではなかったので、色々と大変でした。狭い職場の部屋で煙草吸いっぱなしの上司には苦労させられました。飲食店では喫煙OKだったので、結膜炎になったこともあります。何より一緒に住んでいた祖父がヘビースモーカーで、洗濯物に臭いがうつるし、また、しばらく同じ部屋だった弟が肺結核になったのもそのせいも多少あるのではないかという気もします。

 煙草の煙以外にも、野焼き、家庭でのゴミの焼却も気になります。うちの周りにも農家がありますが、結構臭いを感じることがあります。

 煙草もオーガニックだったら害が少ないのではと思いますが、どうなんでしょうか?現代の煙草は有害な化学物質でできていると聞いたことがあります。煙草を吸う方は自分が吸う煙草がどういうもので出来ているか一度調べてみたら良いのではないかと思います。

 主人の祖父も仕事の廃材をしょっちゅう燃やしていて、それを吸い続けたため、肺ガンになり、最後は痛みで錯乱状態になり、叔母さんも見ていられなかったそうです。主人が氣功を始めたのもそのことも関係あるらしいです。 
  1. 2013/03/10(日) 20:28:34|
  2. 健康