My Life

サーフィンとオートバイ

 両者には「乗る」という共通点があります。若い時は特に両方ともに憧れを持つ方が多いことでしょう。私が20才くらの時、一つ年下の弟の影響でよく読んだ片岡義男の小説にはこの両者が出てきました。弟は最初はオフロードバイクに乗り、次にサーフィンを始めました。妹はオートバイに乗り、オートバイが好きな男性と結婚しました。私は運動音痴で怖がりだったので、どちらもやりませんでしたが、50歳を過ぎてからサーフィンを始めることができました。
 
 な~んてことを思い出させるメールを去年横浜から神戸に引越し、引っ越された後も泊りがけで氣功師養成教室に通われて来られる男性からいただきましたので、ご紹介させて頂きます。私も横浜出身、この男性の出身高校は弟と同じ、何か縁があるのかもしれません。

-----------------------------------------

ギヤ付きのオートバイを運転すると、

脳が活性化するとか若返るという説があります。



先日、図書館までオートバイで行き、

(ギヤ付きの250CCです)

帰宅して少し時間がたってから、

顔や身体に手を置いてみますと、

温かいエネルギーが流れていることを、

すぐに実感することができました。



冬場は手が冷たいことが多いので、

温かさを感じることが少ないのですが、

エンジンの上にまたがって運転するので、

その振動が下半身や、

ハンドルバーを通じて手に伝わり、

全身の細胞を揺さぶって、

活性化させたのだろうと思いました。



教室参加者の千葉県民の皆さんは、

サーフィンをやっている方が多いですが、

私はサーフィンをしませんので、

鉄の馬にまたがって、

細胞の活性化と若返りをしたいと思います。


-------------------------------------------

 結びは、主人から、「サーフィンとオートバイ、どちらもセンターを鍛えるスポーツです」

 センターを鍛えるとスーっして大きく見え、恰好良くなって人が寄ってくる、つまりモテることになるらしいので、若者がサーフィンとオートバイに憧れるのは自然の理ですね。
  1. 2013/03/13(水) 20:32:19|