氣と整膚の松本 スタッフブログ

2014年8月1日 大原にて

 台風の影響か、南は波が大きく、太東は全くない、大原を見たら、海水浴場の隣のポイントで何人か入っていて出来そうだったので入ることにした。

20140801.jpg
 
 水は冷たかった。が、気温が高く、むしていたし、フルスーツ(といっても2ミリ3ミリと薄い)だったので気持ち良かった。クラゲは見る影もない。

 父子のサーファーとボディボーダーが2、3人入っていて、夫はテトラポット脇の一番大きく、ホレた波が立つ所でたくさん乗っていた。ボディボードもやっていたせいか、ちょっと恐い、エグれた波も好きな夫です。父子サーファーは上手で、特に20才位の男の子はかなり上手い。ボディボーダーもまあまあ乗れていたみたい。

 私が一番苦戦していたかなぁ。まだ2回目と新しいボードになれていないせいもあるけど、ちょっとボードの前の方に乗り過ぎだった。後で考えればわかるのだが…。

 水深が浅く、波待ちしているところでも軽く足がつくので、ホレた波、ダンパー気味の波は気をつけないと、巻かれたときに海底に頭など打って危ない。いつも同じ場所で入るわけではないし、同じ場所であっても波や海底の地形、風などが変わるので、色々と注意深くする必要がある。そして、波との調和、習うより慣れろ、いつも反省材料一杯です。

 風が段々強くなり、流れも出てきたので(夫談)、上がりました。いつもと同じ2時間くらい入っていたと思います。大原は夫の生まれ育った町で、この海でもよく遊んだそうです。波の上でも大原の匂いがしたといっていました。私にはよくわからないのですが。
  1. 2014/08/01(金) 19:51:01|
  2. サーフィン