氣と整膚の松本 スタッフブログ

2014年12月15日 ホームにてサーフィン、上空には地震雲

 昨日の南房総は昼間の最高気温9.9度という予報でしたが、良く晴れていて、風もそれほどではなかったので海に行ってきました。ホームポイントの海は、久々にまあまあサイズがあり、波面もきれいでした。

20141215(1).jpg

20141215(2).jpg

 今回はキャップも被りました。これで寒さが全然違います。グローブはまだつけなくても大丈夫でした。真冬でも裸足の人もいますが、私達はしっかりブーツをはきます。ブーツが気になってはかない人もいるようですが、私達は寒い方が気になります。
 
 前回より波が良かったので、夫・こうちゃんは楽しそうでしたよ~。ライディングが決まった時に、毎回お会いしている、前回お名前も交換したAちゃんがたまたま間近にいて、びっくりしたような顔をして見ていたそうです。見てもらえて良かったですね!私は最近、夫が乗っているのは後ろ姿しか見れていないです。

 私も数本は乗れましたが、結構ボードからの落下が早かったです。どこで割れるかわかりにくい波だったようで、振り返れば、もう少し沖の方にいてもよかったかもしれません。普段は7フィートのボードなので、ロングボードの人より岸よりにいますが、昨日は同じくらいのところにいてもよかったのかもしれません。

 波乗りを始めて2年を超えましたが、上達は遅々としています。もっとも海に行かない時、サーフィンのことをほとんど考えていません。そのための身体意識、身体づくり、イメトレなどを積み重ねていけばもう少し上手くなっていくのだと思いますが、やっていないのだから上手くなるはずがありませんね。これからの課題です。もっと意識しよう!

 昨日は、最初から海の上に地震雲が幾つも出ていましたが、波乗りの後半、まだ夕方でもないのに、沖の方で空が赤くなり、入道雲のような雲が連なり始め、地震かな?と思いました。夜、気象庁の地震情報を見ると、20時少し前にちょうどその空が赤くなっていた辺りでマグニチュード3,8の地震があったことがわかりました。大したことなくて良かったです。 
  1. 2014/12/16(火) 19:20:31|
  2. サーフィン