My Life

2015年6月10日 サーフィンで気がパワーアップ!?

昨日もお気に入りの海でサーフィン。

前回のように荒れていませんが、波は多少巻き気味のようです。結構人が来ています。海に入る前にトイレに行こうと右のほうに向かうと、またまたアラーキーが息子さんと来ていました。夫がウェットとボード貸すから入ろうと誘いましたが、今ひとつその気にならないようでした。

最初、向かって右側のほうの海に入りましたが、ダンパー気味で難しく、何度か巻かれてしまいました。一回岸に上がって、しばらく波をチェック。夫が手招きするので、左側のほうに入り直しました。こっちのほうが全然良くて、すぐに1本乗れました。

水が多少冷たくて、夫が上がって小休止。その間、1本だけですが、ちょうど上手く乗れて、波の斜面も少しだけ見えました。たまたま夫が見ていて、グーフィーに進んでいて、良かったといってくれました。

150610S.jpg

パドリングで肩甲骨まわりが疲れ、少し寒くなったので今度は私が上がりました。夫は私のボードで再び入り、何本も乗っていました。多少ダンパー気味の波に斜めにテイクオフ、そしてロングライド、写真で左側のほうでテイクオフしているのは、多分夫だと思います。小さくてわかりにくいですが、波に斜めにレールを喰い込ませています。

今朝になって、夫がサーフィンすると気がパワーアップするといいました。自己気功するとわかるのだそうです。確かに、例え、小波乗りであっても、波乗りは荒行的な部分があり、滝行的でもあります。大自然の中で、五感を研ぎ澄ますということも自然にやることになります。私の感覚では、全身が活性化するという感じです。脳細胞もフル活動するようになるのか、頭がすっきりします。結果的に気のパワーアップが起こっても当然かなと思いました。

ここまで書いて、このあと本屋さんに行ったのですが、そこで「脳を鍛えるには運動しかない」という本をたまたまみつけました。科学的に検証して書かれた本のようです。やっぱりそうなんだなと思いました。しかも、サーフィンは単なる運動と違い、無重力感、浮遊感、スピード感などの快感を感じることができます。また、海という大自然を肌で味わうことができます。サーフィンやりたいと思いながら、なかなか始められない人は本当にもったいないことをしています。
  1. 2015/06/11(木) 21:05:17|
  2. サーフィン