氣と整膚の松本 スタッフブログ

2015年10月29日 はじめての千葉MALIBU

DSCN0061.jpg

 * 写真は今日の夫のライディング。もっといいのがあったのですが、撮れませんでした。

 このポイントはよく見に行くのですが、入ったのは初めてでした。夫のほうは何度も入ったことがあります。リーフと聞いていたので少し心配でしたが、波打ち際はほぼ砂でおおわれ、多少深くなっていたので安心でした。

 最初、同じMALIBUでも、通称、子MALIBUといわれている串浜海岸のほうでやるつもりでしたが、段々割れるポイントが移動して橋梁の下あたり、いわゆるMALIBUでやっていました。

 鵜原も見に行ったのですが、少し荒れ気味で、ダンパーが大きい感じがしました。MALIBUは水がやわらかいですね。

 今日も、私はスキッパー・フィッシュ、夫はCASH-YEWでした。

 ボードが走り出す感じは数本あり、ほんのちょっと立てたりもしましたが(夫いわく、犬乗りだって)テイクオフの失敗が多いです。夫によれば失敗の原因は二つに要約されます。

 1、ボードが十分走りだす前に立とうとして、乗れない。

 2、一発で立てないので、フラフラしてすぐ落っこちる。

 2の対策としては、陸上での練習が必要と言われました。確かに、陸での練習が必要とよく言われていますが、ちょっとしかやっていません。テイクオフの陸上練習、ガンバリマス!

 それにしても、サーフィンを始めて3年経ちましたが、ほ~んとびっくりするほど上達していないですね。テイクオフの陸での練習とは、スゴロクでいえば、ふりだしに戻ったということではないですか~!!

 そして、陸の練習が必要だと言っている夫のほうは、実は、陸での練習などしたことがないのに、最初から乗れるんですよね。

 全く余りにも差があり過ぎる私達で~す。正反対といってもいいのに、上手くいっているのが不思議な夫婦です。夫いわく、おしどり夫婦は気持ち悪いんだそうです。良かったー!

 でも、あんまり乗れなくても、ボードが滑る感覚を味わえるだけでも楽しいサーフィンです。

 四捨五入すると60歳という年齢のせいか、できないことに対する恥ずかしさはないですが、秘かに闘志は燃やしています!!!
  1. 2015/10/29(木) 20:26:59|
  2. サーフィン