氣と整膚の松本 スタッフブログ

こうちゃん、トカゲくんを救う!野生生物の保護にも気は有効。

つい先日のこと。玄関のたたきの掃き掃除をしようとドアを開け、ほうきで掃きながら、何気なく目の前のエアコン室外機に目をやると、トカゲが挟まって動けないでいた。ほうきで軽く払っても取れない。

私の場合、トカゲなんか見るのも嫌というほどでもないけど、さすがに触るのはためらわれる。

そこで、爬虫類が大好きな夫を呼ぶ。でも、夫が触るとかえってトカゲは力を入れてしまい、傷が深まりそうだ。放っておけば逃げるかもねと、一旦、そのままにすることにした。

ちょっとして、夫が再び見てみると、まだトカゲは挟まったままだった。それで今度は工具を使い、トカゲくんの救出をはかった。もちろん、簡単に救出成功。でも、下腹部に結構な傷ができている。

こんな時は気が便利。ちょっと気をかけてから、暖かい所へ放した。

DSCN0415.jpg

DSCN0417.jpg

DSCN0418.jpg

DSCN0422.jpg

DSCN0423.jpg

DSCN0426.jpg

DSCN0428.jpg

翌日、夫が玄関あたりで、このトカゲくんと再び遭遇。元気で、気を発していたそう。どこか人間慣れした雰囲気だったそうな。

実はこのトカゲくんらしきトカゲは、室外機に挟まった日の数日前にも、玄関まわりのラベンダーの株にサッと入って行くのを目撃していた。どうやらここに棲みついているみたいだ。

気は野生生物の保護にも大変役立つという体験でした。
  1. 2016/04/27(水) 13:42:00|