氣と整膚の松本 スタッフブログ

2016年5月6日 鵜原でサーフィン、が続いています

DSCN0462.jpg

鵜原は思っていたより波があった。パワーはそんなにないけど。
右にパドボーが数人、真ん中にサーファーが数人、子供が二人。

水が冷たい。
でも、まだ5ミリのウエットで、ソックスもはいているので、しばらくすれば慣れてくる。

この前のようにはテイクオフできない。1本だけ気持ちよく乗れたので、ちょっと休むことにした。
疲れているみたい。夫にも体が重そうだといわれる。

休んでいる間、久しぶりに夫のサーフィン動画を撮ることにした。
何本か撮れたけど、撮っていない時のほうが格好良く乗っていたなあ、ちょっと残念。

もう1回入ることにする。
夫がニューボードを貸してくれた。
しばらく休んだら、体は随分楽になっていたし、ニューボードは軽くて扱いやすい。
いつも乗っているオゾボードより少し短く、幅も狭いので、多少ドキドキものだったけど、立てた、乗れた~~~!

でも、見ていた夫に、オゾのほうが余裕で立っているといわれ、しばらくオゾでいいねと言われた。
多少悔しい気もするけど、確かにその通りかも。

下半身(足、腰、股関節)が固まっているとも言われたので、これからはその辺を意識してゆるめるように、ゆる体操をすることにした。

自分では以前に比べて、多少横に行けているとは思うものの、まだまだだなあ~。
いつかもっと横に行けるように希望を持って続けよう!

夫は7フィートのニューボード、プランクで、ロングより沖から乗っていたので、まわりのサーファーが驚いていた。まだまだ固定観念でボードを選び、型通りのサーフィンをしている人が多いですね。

DSCN0467.jpg

DSCN0469.jpg

帰りに、朝ごはん用のパンがなくなったので、3年位前から気になっていたのに、ずうっと行けないでいたパン屋さんに寄ることにしました。一宮海水浴場のすぐそばの、不動産やの隣にある、Mubuyu(ムブユ)というお店です。

夕方だったので閉店しているかもしれないと思いましたが、やっていました。パンは3つしか残っていませんでしたが、バケットが1本あって、あと二つの小さなパンも美味しそうなので頂きました。選べなくて申し訳ないからと、随分おまけしてくれました。

帰ってから、クランベリーとチーズのパンを頂きましたが、とても美味しかったです。これは天然酵母パンだと言っていました。もう一つの、落花生の入ったパンも夫が美味しいと言って、夕飯の後に食べていました。自分の作っているパンに愛情を持っているねと夫が言っていましたが、そんな感じがします。若くて、色の白い(海のすぐ近くですが、サーファーではないようです)しっかりした感じの女性が一人で作って売っています。火、水休みで、朝8時からやっているそうです。近いうちにまた行きたいと思います。
  1. 2016/05/07(土) 19:51:58|
  2. サーフィン