My Life

2016年6月22日 鵜原でサーフィン、そして整膚

梅雨の季節は案外とサーフィンに最適な季節です。
波もいいし、曇っていても蒸し暑かったりして海に入りたくなります。
駐車場代も無料です。梅雨が終わる7月半ば過ぎには鵜原も有料となり、しかも半分は海水浴エリアとなってしまいます。

そんなわけで、昨日も鵜原で入ってきました。御宿より波が大きいくらいな感じでしたが、それほど人は多くなかったです。
どこで待っていても波が割れるので、7人くらいが等間隔で波待ちしていました。
ダンパー気味ですが、テイクオフしやすく、真っ直ぐ乗りでもまあまあ長めに乗れます。

というわけで、私も昨日は10本以上乗れましたし、夫はさらにその倍は乗っていました。

最初のほうで、自分ではうまく乗れたなあと思っていたら、離れた所にいる夫より、ジェスチャーで肩に力が入っている旨、指導が入りました。それからは力を抜いてを心がけるようにしました。気がつかないうちに力が入っていました。

足を広く開いて踏ん張ったりしなくても、ロングのように、ナロー(狭い)スタンスでもボードはコントロールできるよと、今朝、夫に教わりました。そうだ、やっぱりそれを目指そうと、方向性がはっきりとしました。

DSCN0571.jpg

海に入る前、ローカルのせいちゃんが一人で駐車場にいましたが、私がトイレから出て車に向かうと、夫がせいちゃんを整膚していました。せいちゃんは67歳だそうですが、8日間ぶっ続けでサーフィンし、この日も朝8時から3時間サーフィンして、肘を痛めていたそうです。夫がほんの2、3分だけ整膚して、やり方も教えたら、帰りに聞いたところ、随分と良かったみたいです。

また、私も海から上がった夫に右の肩甲骨まわりの気相整膚を頼まれてやったら、すぐに良くなったと言われました。

そして、帰宅して、今度は隣のサーファーのご主人に夫が整膚をしました。最近体調が良くないので、先日遠隔をしましたが、遠隔はよくわからなかったみたいです。でも、整膚はその場で気持ちよくなったみたいで、やり方も教えて大変喜ばれました。

そんなわけで、昨日はサーフィンと整膚の日でした。サーファーに整膚が広がると、自分でメンテナンスができて、疲労も回復し、ゆるんでサーフィンも上手くなって、ハッピーサーフィン間違いなしってことになるでしょうね。少しずつそんなことになっていくかもしれないです。
  1. 2016/06/23(木) 19:45:38|
  2. サーフィン