My Life

2017年5月31日 太東でも波を待っているときに龍の目を見る

img065s.jpg


一昨日、太東で波待ちしているときにも、龍の目を見た。

龍の目と呼ぶのは、お客様の話からで、それが本当に龍の目かどうかは、もちろんわからない。

最初にそれを鵜原で見た時には、黒い3重の円が、一瞬、龍がくねっているかのように見えた。

ボードにまたがり、波を待ちながら、ストレッチのようなことをしていて、
 
ボードにあごをくっ付けるようにしていたら、

ボードのデッキ面に付いているすべての水滴の上にそれは見えた。

ギョッとして、2、3分してからまた見たが、やっぱり見える。

ただし、あごをくっ付けないと見えない。

感覚的に、これは同じ条件なら誰でも見える物理現象だと思った。

赤いボード、水滴、太陽の光、視線の位置など。

不思議なのは、帰り道、車の中で夫にその話をしたら、

夫は前の晩、寝ていて、目が覚めた時、額の辺りに、私が見たのと同じものを見たこと。

そして、今度は太東で波待ちをしている時に、同じようにしてボードの上を見たら、

今度は金色のふちに金色の3重円の、同じものが見えた。

太東と鵜原では波を待っている時の方角、つまり太陽の方向と、晴れ方も違っているので、色が違っているのだろうか?

夫が、龍神雲みたいなものじゃない、と言ったけど、そんな感じかもしれない。

サーフィンをする人は同じようにして、見えるか試してみて下さい。

お日様が出ていて、ボードが濃い目の色なら見れるような気がします。

龍神雲と同じで、龍が来ている印と思うと、とってもハッピーな気持ちになりますよね。


DSCN2011 (2)s
  1. 2017/06/02(金) 20:38:25|
  2. サーフィン