氣と整膚の松本 スタッフブログ

2017年7月28日 マリブ手前で

台風が来ているのに、マリブはまだ穏やかという情報を得て、向かいました。

手前の部原では大きな波がドンドコと、しかも物凄いパワーで巻いていて、南側ではまだ入っている人がいましたが、そろそろクローズという感じでした。

なのに、マリブ近辺はまだ静かで、でも時々うねりが少し入ってきて、いい感じです。

マリブは上手そうな人が何人もはいっていますが、マリブの手前の、通称子マリブ(夫はこの言い方が好きではないらしい)と言われている所は人がいません。

癖のある波で私はなかなか乗れませんでしたが、夫にパドリングのやり方を指導され、その通りやったら乗れました。腕が縮こまっていたんです。背中を意識するのも忘れていました。

一休みしていると、見覚えのある少女がちょっと変わったボードで海に入っていきました。厚みがあって、膝で乗るのだと夫が教えてくれました。

ちょっと前におばあちゃん(そういうのが申し訳ない若々しい方ですが)とお見えになった、ライフセーバーの大会で2位になった女の子です。後からお母さんが来て、実はこの方も随分前にうちに来られたことがあるのですが、お嬢さんのアトピーは1回で良くなったといわれました。もっとも、それほど大したことはなかったのですが、とても疲れていたようで、その時は整膚をしても目を覚まさず、ずうっと寝ていました。

おばあちゃんの家はすぐ近くなので、この少女はとても小さい頃から自然と海で遊んでいたんだなあと思いました。とても無邪気に海で遊んでいます。私達のことは覚えていないようでした。

この日のマリブは透明度がよくて、エメラルドグリーンで、お母さんも外国の海みたいと言っていました。


DSCN2145s.jpg
隣の海水浴場

DSCN2144s.jpg
通称子マリブ?

DSCN2153s.jpg
ホテル三日月と龍神雲

DSCN2151s.jpg
  1. 2017/07/29(土) 20:10:00|
  2. サーフィン