FC2ブログ

My Life

2018年7月23日 太東で 6年目にしてついに開眼か?整膚のおかげ?

前回の太東とほぼ同じ場所で入る。

1本目は少し横に行けたかなという感じでしたが、
2本目、3本目はスキーの直滑降のように、真っ直ぐに滑り降りるという感じで、降りてから横に行こうとしても終わってしまうという感じでした。

これでは前回と同じになってしまうと思い、次の波では、テイクオフしたらすぐに行きたい方向を向こうと思い、やってみると、上手くいきました。

右にターンして、ボードからも落ちることなくバランスを保ち、浮遊感を感じ、波打ち際まで乗れました。

まぐれじゃないことを祈り、その後も同じような感じでトライしてみると、すべて上手くいきました。できるだけ崩れるのが遅そうな波を選びました。

サーフィンを始めてそれほど経っていない時、サーフィン初心者用の本を見ると、ターンするには、行きたい方向をみればいいというようなことが書いてあって、いつもそれは意識していましたが、上手くいかないことがほとんどでした。

でも、昨日は違かったんです!
感覚が違いました。

夫もたまたま何度か見ていて、開眼したんじゃない?と言ってくれました。

毎回波も違うので、次回も同じようにできるとは限りませんが、自分でも何かつかんだ感じがしました。

マリブなどでは、まったりした波なので、横に行くことができたりしましたが、感覚としてはそれとは違います。

ただ、まだ完ぺきではなくて、テイクオフしたら、もう少し早く横に行けば、もっとフェイスを走れるのだと思います。

最近パドリングが少し良くなってきたのがひとつの要因だと思いますが、また、フィンを小さいものに変えたのも良かったと思いますが、

昨日は海に行く前に、足の整膚をしたのが特によかったのだと思いました。

最近、スポーツ整膚のDVDを何度か見ましたが、競技前に整膚をすると、成績が伸びるそうです。

この日は動きが良かったので横に行くことができたと思いますが、その陰には整膚の存在がありました。

DSCN2863s.jpg
  1. 2018/07/24(火) 13:43:04|
  2. サーフィン